Category Archives: トリートメントを使う時は

カラートリートメントで上手に白髪をカバーするには

カラートリートメントを試してみたけど、いまひとつ染まった実感がないという印象を持つ人がいます。

カラートリートメントは最初の一回の使用だけで劇的にカラーが入るということを期待しても肩すかしを食うことがあります。

キレイに染めるためのコツはいくつかあります。

髪が水分をたっぷり含んだ状態だとカラーが乗りにくいので、しっかりタオルドライをすることが大切です。

もうひとつは量をしっかり使うことです。

シャンプーなども同様ですが、髪にしっかり行き渡ることがなければ、きれいな発色は望めません。

できればカラートリートメント用に、とかしやすいコームを準備して、髪の毛全体にカラートリートメントを行き渡らせましょう。

また、白髪が気になっている部分、生え際や頭頂部、分け目のあたりには少し大目にカラートリートメントを使います。

そして1週間くらいは毎晩カラートリートメントを使用します。

集中ケアのようなものですが、1週間くらい続けて使うとしっかりカラートリートメントが落ち着きます。

白髪も目立たなくなってくると思います。

そこからは頻度を落として、3日に1回だけ使うようにしていけば、カラートリートメントのキレイな色が髪色に落ち着いて、白髪染めを使わなくても白髪が目立たなくなります。

カラートリートメントは髪の毛の表面に色をのせるアイテムなので、きちんとすすぎを行わないと、枕や洋服に色がうつる原因になります。

しっかりすすぎを行うことも使い方のコツです。

カラートリートメントの使用方法

カラートリートメントの使用方法はいたってシンプルです。

ヘアトリートメントの要領でお風呂で染めることができます。

シャンプーのあとに髪の水分をタオルドライし、カラートリートメントを使用します。

商品によってつけおく時間がまちまちですが、20分前後放置して、よくすすぐだけです。

白髪染めと違い、カラートリートメントのあとにまたトリートメントやコンディショナーを使用する必要はありません。

染まりにくいと感じる場合には、シャンプー前に一度カラートリートメントを乾いた髪の毛に直接なじませておいて、シャンプー、そしてもう一度カラートリートメントを使うという風に2度使うといいでしょう。

よくすすいだらヘアドライヤーで乾かしてできあがりです。

《こちらもCheck!》→URL:http://woman.president.jp/articles/-/869

カラートリートメントの使用量は髪の毛の量や長さによるところが大きいので、適量は自分なりに使ってみて工夫してください。

目安はいつも使っているシャンプーやトリートメントの量を参考にするといいでしょう。

シャンプーやコンディショナーを選ぶ時は、ノンシリコンでパラベンなどを使用しないタイプを厳選しているという人も、白髪染めにはなかなかそこまで成分表を確認できないことは多いものです。

白髪染め特有の鼻につくニオイが苦手という人もいると思います。

年齢特有の髪の毛や頭皮の悩みを抱えている時に、成分の強い白髪染めを定期的に行うことに抵抗感があるという時、カラートリートメントを使ってみるのはおすすめです。