髪と頭皮を痛めずに白髪対策をするには

白髪染めは自宅で行う派のヒトは、定期的にさまざまな白髪染めを手に取ると思います。

ニオイがきつい、使った時に頭皮に違和感がある、染め上がりがいまひとつ、どの髪色を選んでいいのか良くわからないなど、白髪染めを選ぶ時にも悩むことがありますよね。

どれが髪の毛や頭皮に良いのか、どれを使うとイヤなニオイを感じないで済むのか、パッケージを見ただけでは良くわからないことも多いです。

白髪染めには永久染毛剤、半永久染毛剤、一次染毛剤という3つの種類があります。

永久染毛剤はきちんと染まる反面、髪の毛や頭皮にかかるダメージも大きいのです。

一般的な白髪染めで1液と2液を混ぜるようなものや、ヘアカラー、ヘアダイと称されるものは、永久染毛剤のカテゴリーに入ります。

一方ヘアマニュキュア、カラートリートメント、カラーシャンプー、酸性カラーは半永久染毛料というもので、永久染毛剤に比較してダメージが少ないのが特長になっています。

色持ちの良さは永久染毛剤には劣りますが、ヘアマスカラなどとは違い、シャンプーで簡単に色が落ちるというわけでもありません。

白髪染めを選ぶ際には、こうした白髪染めの性質にも目を向け、髪や頭皮のダメージを少しでも抑えることで、年齢とともに失われる髪のボリュームの対策をすることもできます。

髪の毛や頭皮にストレスをあたえずに、上手に白髪対策をするためには、白髪染め選びにも工夫が必要になっています。

白髪を上手に隠すカラートリートメントを取り入れて、若々しいヘアスタイルをキープしたいですよね。