白髪染めをキレイにメンテナンスするカラートリートメント

カラートリートメントは白髪染めと何が違うのかという疑問にお答えします。

カラートリートメントは白髪染めと違って、白髪の表面に色をつけるというアイテムです。

白髪染めは髪表面をこじ開けるようにして中に色素を入れて白髪を染めます。

カラートリートメントは時間が経てば外側の色が流れてしまいます。

白髪染めは白髪が伸びてくれば伸びたところは白く、染めたところはそのまま残るという違いがあります。

カラートリートメントは髪に与えるストレスが少なく、ダメージも少ないです。

重ねて染めることもできるので、気付いた時にさっと使えます。

お風呂で素手で染められます。

さまざまな道具なども要らないので、思い立ったらすぐ使えます。

カラートリートメントは一度の使用で劇的に色が入ることは難しいですが、使うほどに自然に白髪隠しをすることができます。

カラートリートメントのもうひとつの使用方法として、白髪染めのメンテナンスアイテムというものがあります。

白髪染めをしてきても、1カ月くらいもすると生え際などから白髪が生えてきて目立ってしまうということはありませんか。

鏡を見ると顔の近くに白髪が増えたように思えるし、人に与える印象も違うので、また白髪染めに行くということを繰り返すことになりますよね。

この前白髪染めをしたばかりなのに、また白髪染めをするのかと思っていると、生え際から髪や頭皮ダメージが目立つようになってしまう原因にも。

そんな時は白髪染めと白髪染めのつなぎとして、カラートリートメントを使います。

キレイな白髪染めを長持ちさせるための優れものアイテムです。